脱既存事業が必須な場合

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 14 5月 2018 8:46 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3428投稿目】

脱既存事業を成し得ないと

遠い将来、存続が危ぶまれる企業が

あります。

 

既存事業だけを営んでいたら

おそらく、10年後、20年後には

世の中から追い出されることに

なるのです。

 

経営コンサルタントの仕事をしていると

こうした未来予知がクリアに見えてしまいます。

 

不思議なことは、こうした企業の経営者も

「存続の危機感」を持っており

「このまま既存事業だけではダメだよね」

と考えていることです。

 

しかし、何も変わらない。

去年も今年も来年も同じことをしています。

 

「わかってはいるけど、、、」

という状況が続いてしまうのです。

 

ではどうするのか。

 

「既存事業から一気に変えられる方法はない?」

と質問されることはありますが

「一気には変わらない」

ものです。というのも一気に変えることの

リスクがあるからです。

 

ビジネスモデル、ビジネスドメインの変換は

徐々に変えていくのが、かえって近道です。

 

最初はスロースタート、新規事業の売上げが

2割を超え始めたら加速させればいいのです。

 

新しい事業を担当する人員は

・新しい感覚を受け入れることができる人

を選択しなければ上手くまわりません。

 

時には、外から人財を採用することも

視野に入れることです。

 

新規事業が既存事業の売上やシェアを

奪うこともあります。

そんな時も、経営者の判断で新規事業を

進めることです。

 

社内が最も抵抗勢力になりうるのです。

社内の抵抗勢力があるから進まないのです。

 

新規事業の結果を出しながら、抵抗勢力となる

人たちに理解を求めることです。

 

新規事業の結果が出るまでは、それこそ

経営者が支えることを優先する、ということです。

 

 

——————————-

『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

http://amzn.asia/3GrDW4Z

eラーニング Wisdom School

『利益を出す生産性の導入プロセス』

〜当事者意識から可能思考が持てるリーダーへ〜

http://www.wisdom-school.net/content/485/index.html

 

 

みんながそう言っています

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 28 1月 2018 9:30 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3322投稿目】

 

あるリーダーが困っていること。

それは、あるスタッフが

「これ、みんながそう言っているんです」

という形で言い寄られることだそうです。

 

「みんなが・・・」

と言われると返答に困ってしまう。

 

そんな場面を経験したリーダーは多いのでは

ないでしょうか。

 

実際に、「みんなが・・・」という内容の

根拠を確認すると曖昧なことも多い。

 

ようするに、自分が交渉したい内容を

あたかも団体交渉のように伝えているだけに

すぎないのです。

 

しかし、言い寄られたリーダーは、

「みんなが言っているなら・・・」

と理解を示そうとしてしまいます。

 

本当に他の人も同じ意見を持っているならば

「◯◯さん、◯◯さんも言っています」

と名前があがることの方が多いはず。

 

この違いを理解しながらリーダーは対応する

ことです。

 

落ち着いて、冷静に、公平に話しをすることで

進められるのです。

 

組織を束ねるということは、こうした場面で

どのように対応できるかにかかっています。

 

経営において組織をより強固にすることは

マーケティングやビジネスモデルと同様に

大切な優先事項です。

 

 

 

売上伸びてるからいいじゃない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 6 8月 2017 8:45 AM

 

「売上伸びてるからいいじゃないですか」

と、ある営業リーダーが言っているのを

見ながら、その翌週には別の会社で

「体制が整っていない時の成績はまぐれです」

と、営業リーダーが真逆のことを言うのです。

経営の現場を見ていると同じ現象(ここでは

売上が伸びていること)の解釈がリーダーに

よってはここまで違うことを実感します。

ちなみに「売上が伸びてるからいいじゃないですか」

と言っていた組織は売上の伸びは2年で鈍化

しています。

「・・・まぐれです」と言っていたリーダーの

組織は今だに伸びを続けています。

考えさせられます。

解釈によって将来が決まる、といっても

言い過ぎではないでしょう。

リーダーによって運命が変わるとも

言えるのです。

 

 

 

【4冊目の著書 8月21日頃発売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

 

【3冊目の著書 】

「そもそもこの計画、このメンバーで達成できない・・・」

と少しでも感じているのなら・・

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  goo.gl/HAPBVn (紀伊国屋)

  goo.gl/cDxzwM (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/V51AYZ (三省堂書店)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

目次をご覧になりたい方はこちらから。
  http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/activity/books/z-pdca/
「制作過程について」ブログに書いております。

  https://goo.gl/47e3w8
  https://goo.gl/2dxJXb

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

——————————-

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

イノベーティブになる組織作り「AtoF」

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 23 12月 2013 8:08 AM

 

イノベーティブになる組織作り「AtoF」

(フィリップ コトラー氏)

「AtoF」とは、

A)アイデアを思い付く人(アクティベーター)、

B)本当に創造的で刺激的なモノか吟味する人(ブラウザー)、

C)試行可能なコンセプトに変える人(クリエーター)、

D)ビジネスモデルに発展させる人(デベロッパー)、

E)新製品や新事業を立ち上げる能力のある人(エグゼキューター)、

F)資金を供給できる人(ファイナンサー)

の6人。

この6人が組織においてイノベーションを起こすわけです。

偏ってもイノベーションは起こらないわけです。

組織は多様な人材を集めることですが、イノベーションを

起こすには、必要な種類の人材があるということです。

自分の組織に置き換えて照らしあわすことをおすすめします。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

組織は頭から鈍っていく

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 4 6月 2013 8:25 AM

 

業績も経営の課題もすべては、組織の

トップ層が原因です。

トップ層の

・意識

・姿勢

・スタンス

・熱中度

・スピード

・将来への視野

が問われています。社員スタッフ全員の目が

トップ層に注がれているのです。

ひと言、ひと動作で信頼が崩れることもあります。

社内でシグナルを見つけたら、奥に潜むトップ層の

問題にも自分から目を向けなければなりません。

そうでなければ、会社の永続はあり得ないのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

30人を越えると大企業と同じことが

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 2 5月 2013 6:12 AM

 

企業は30人を越えた時から大企業と同じことが

現象して起こります。

たとえば、

【部門(セクション)ごとの対立】

が顕著になるのです。

ワンフロアのオフィスで毎日顔を見ているのに

連携しなくなるのです。 

部門間をまたいで解決する課題がなおざりになり

現状維持が続くこともあります。

情報共有も滞ることが目に付くことも。

こうなってくると、時間をかけて取り組むべき

だと考えています。

経営者の工数は、企業規模によって大きく変わる

わけではありません。

限られた大きさの企業であっても大企業の経営者と

大変さは変わらないわけですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

組織らしくなる時期

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 8 8月 2012 8:18 AM

 

組織は人が集まってできるものですが

組織になっているかは別問題です。

会社の歴史が長ければ組織になっているか、

というのも比例しないものです。

ただ、組織を意識しはじめて、それぞれの

人が役割と責任を感じ始めると組織が

急に成長していきます。

成長したと感じるのは、

「うまくいくこと」

「音を上げる人」

が出ることです。両極端の現象があらわれるほど、

進歩していることの裏付けになります。

確認してみてください。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/
1 / 212