計画が高すぎました

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 14 11月 2017 7:17 AM

計画に対する意識は本当に人に

よって違うものだと感じる時があります。

会社では売上や利益に対して計画が

立てられます。

進捗を確認する時に、到達している場合は

なにも問題がありません。

しかし、進捗から遅れる時はいろいろと

言いたくなるものです。

先日も

「計画が高すぎました」

という報告がされました。

この言葉の裏側にはさまざまな気持ちが

あると思われます。

計画数字に対して当事者意識がない、

とも言えます。

自分で決めたわけではない、もしくは

自分の意図ではない計画数字を求められた、

と思っているのかもしれません。

これは、他でも見受けられる現象です。

いわゆる、どこかで他人事だと感じている

のです。

逃げ道をつくっているとも言えるかもしれません。

このような人が組織に存在すると、全体が

沈滞ムードになります。

伸びることはありません。

雰囲気が会社の結果まで左右してしまうのです。

ほんの些細のことですがとても大事です。

 

————————————————————–

おすすめ書籍

50 代から実る人、枯れる人 
松尾 一也 氏
http://amzn.asia/81mn7XL

————————————————————–

【7冊目の拙著2017年11月発売予定】

『図解でわかる!段取り時間術』

【6冊目の拙著 2017年10月発売】

『図解でわかる!伝わるプレゼン』(秀和システム)

【5冊目の拙著 2017年9月発売】

図解でわかる!マーケティング』(秀和システム)

【4冊目の拙著 2017年8月売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

【3冊目の拙著 2017年7月発売】

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

 

————————————————————–

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

何かをやれるという最良の証拠とは

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 20 4月 2017 7:14 AM

4月から新しい年度がはじまった

会社も多いでしょう。

1年の計画を各会社、各部署ごとに

作成していると思いますが、そのときに

どこまで枠を取って発想できるかが

カギになると考えています。

できない、から発想するのではなく

できるかどうかわからないけど

考えてみる、が正解です。

たとえば、

——————————-

「何かをやれるという最良の証拠は 、

他人がすでにそれをやり遂げたという事実である 」

バ ーナ ード ・ラッセル(哲学者)

——————————-

という言葉があります。

そう、他社がやっていることは、できるという

証拠なのです。

他人がやっていること、できていることは

「自分でもできる」

というところからスタートすればいいのです。

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

年末合宿

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 30 12月 2016 8:08 AM

ミーティンング

サービス業で年末年始が繁忙期の業界は

この時期、会議やミーティンングもできない

ことが多い。

そのため、通常の冬季休暇がはじまった

時期に十分な時間を使ってミーティンングや

合宿をすることがあります。

特にリーダーを育成するには、忙しい時ほど

ミーティンングや研修を行うべき、と感じます。

「忙しいから、今はできない」

といったことを言い続けているリーダーが

成長したのを見たことがないからです。

忙しくても、年間計画に基づいて、

やるべき項目は少しでも進捗させること。

これに尽きます。

本当に忙しくて、パンクするのであれば

抜本的な解決を考えることも今の時代は

求められています。

残業に関しても厳しくなりました。

守らなければ会社名を発表する、という

国の方針も決定したようです。

制約条件が狭まることは経営にとって

歓迎すべきこと。

今までできなかった改善に手をつける

ことが可能だからです。

制約条件が狭まり条件が厳しくなるほど

「楽しい」と感じ、解決に向けて

チャレンジする姿勢でいたいですね。

 

 

【出張時に撮影した空の写真が300枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

経営計画は達成するためのもの

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 25 4月 2013 8:23 AM

 

経営計画は部署ごとの計画の集積されたものです。

各部署は、年間計画を立てた時に

【いったん満足】

してしまうこともあるようです。

計画はあくまでも【達成】するものです。

【未達】では、意味がありません。

未達なら、つくらない方がいいくらいです。

つくって満足せず、計画をつくったときに

スタートするだけです。

実行しながら修正する意識を持って

頭からはずれないようにすることです。

達成すればするほど、仕事の楽しみのひとつに

なりますし、自信にもなります。

「当たり前のように達成する」

感じにしていきましょう。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

社員表彰式で思うこと

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 4 10月 2012 9:39 AM

 

9月に決算を迎える会社、

半期が終わる会社も多いかと思います。

それにともない、社員全員が集まる会議、

発表会、表彰式を行う会社も多いですね。

参加させていただく機会もありますが、

毎回感じるのは、1年間がんばってきた人は

「正当に評価される」

ということです。

数字ではっきりとわかる方もいますが、

数字で表せない部門の方も表情を見れば

理解できるものなのです。

人は言動や振る舞いによってその成果を

あらわします。

表彰式などの、ほんの一瞬のために

一年間努力することには、意味があると

思います。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

3月は合宿の時期

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第4章経営計画 | 木曜日 1 3月 2012 10:29 AM

 

3月になりました。

ちょうど、3月が期末、半期末になる会社が

あるので、

役員合宿

マネージャー合宿

経営計画発表会

などの取り組みが多くなる時期です。

 

では、何のためにそこまで時間と費用を

かけて行うのか改めて考えてみたい。

 

メリットとデメリットを考えてみますと

【メリット】

長時間まとめて時間が取ることが可能

連絡でさえぎられることがない

【デメリット】

一箇所に集まるため移動の労力とコストがかかる

会社の稼働が一時的に止まる

 

などがあげられます。

実際に行なってみると実態はわかりますが、

大きな効果としては、

 

 エンドレスの会議には、参加者の逃げ場がないので

答えを出さなければならない

(黙ったり、その場をとりつくろったりできない)

 

ということが一番大きいのではないでしょうか。

【やるのか、やらないのか】

【答えを出すのか、出さないのか】

【アイデアを出す、出さない】

など、今までの会議でやりたくても、なかなか

できなかったことが可能なわけです。

 

また、プロジェクト、企画、経営計画などの

スタートを切るときにも意思統一として有効です。

関係者全員が集まる場、というのは、独特の

雰囲気を生じます。

エネルギーの集合です。

これが、スタートを切るときに後押しをするのです。 

 

過去にも、合宿を機に大きく変化した会社が

何社も実際にあります。

 

このように、手間がかかるものだからこそ、

有効であり、効果的。

今年の3月も楽しみです。

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/