缶コーヒーが伸びている

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 3 7月 2017 5:22 AM

フード・ビジネス・インデックス(FBI)という

経済指標から。

飲食料品に関連する「食料品工業」、

「食料品流通業」、「飲食サービス業」の

活動状況を表す経済指標になります。

具体的に見ると「酒類」が長期低落が

続いていること。

清涼飲料水が伸びているのがわかります。

清涼飲料水を具体的に見ると今年に入り

コーヒーなどの生産が大幅に増加している

とのこと。

面白い結果ですね。

コンビニコーヒーの出現により缶コーヒーは

「美味しくなった」のは事実。

それが結果として出ているのでしょうか。

今後も検証してみたい部分です。

 

 

【出典】

https://meti-journal.jp/p/23

 

【3冊目の著書が7月7日発売されます 】

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

仕事嫌いは24%で69%は意欲がない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 9 11月 2013 11:41 AM

 

ある調査結果が出ていました。

内容は、

「日本の結果にも筆者は驚いた。

日本にはもっと幸せを感じている従業員が

多いのではないかと考えていたが、結果は7%。

中国をわずか1ポイント上回っただけとなった。

69%は意欲がなく、24%は仕事が嫌い」

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK3002I_Q3A031C1000000/?df=3

ようするに、

仕事に幸せを感じている→7%

仕事に意欲がない→69%

仕事が嫌い→24%

ということ。

実に明解な数値。

まわりを見渡して、仕事に幸せを感じている人は

15人に1人しかいない!

ということになります。

新卒の方に、仕事のイメージを聞くと

「つらそう」「しんどそう」

というのが一般的。

アルバイト先での印象だそうです。

この調査から見てもわかるように、幸せを

感じている人が少な過ぎるからでしょう。

それにしても、4人に1人が仕事嫌い、とは

先が思いやられます。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

分析は自分でやるべき

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 31 10月 2013 7:16 AM

 

統計学は最強

という主旨の書籍が話題になっています。

統計は、客観的に事実を見る時には

必要です。

ただ、ビジネスにおいて、統計データは、そのまま

使えないのが実状。

では、どうするのか。

【統計データ】に【推測データ】

を追加することなのです。

人に見せるデータでなければ、自分の

シミュレーション用につくりかえていくのです。

データは、【完全でなければならない】というのは

単なる思い込みにすぎません。

事実を明らかにするためのツールのひとつに

すぎないのです。

仮説を立てながら、予測しながら、データを

操作していくことが将来予測になるのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

経済センサスと経営指標を用いた産業間比較

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 20 10月 2013 8:32 AM

 

全産業分野の経理項目を同一時点で網羅的に把握する

全数調査として初めて実施された統計調査。

産業分類別の売上(収入)金額、費用総額、給与総額、

付加価値額などが分かります。

http://www.stat.go.jp/data/e-census/topics/topi731.htm#topi73b

おおよそ、どの業界が利益率が高いのか、

付加価値額が高いのかがわかります。

たとえば

売上高営業利益率が高いのは、

「学術研究,専門・技術サービス業」

「不動産業」

「飲食サービス業」

の順番になります。

従業者1人当たり付加価値額(労働生産性)では、

「情報通信業」

「学術研究,専門・技術サービス業」

「卸売業」

の順で高くなっています。

従業者1人当たり売上高では、

「卸売業」

物品賃貸業」

「娯楽業」 

の順になっています。

想像できる結果と、そうでない場合があるので

統計はひとつの客観的な視点として確認して

おきたい部分です。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

日本の人口を100人でみたら

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 未分類 | 土曜日 15 9月 2012 7:47 AM

 

厚生労働白書からわかりやすい資料がありましたので

紹介します。

人口を100人でみたら

という置き換えで表現しています。

小学校から大学までの学生が13人

65歳以上が23人

ということは、

労働人口対象者はおよそ、63人。(63/100)

 

日本の人口を100人とみたら

 

マーケティングでどの顧客層を対象にするのか

悩むところですが、こうしたベースの数値を

暗記しておくのは有効な方法です。

日本では学生が13%。8人に1人は学生。

65歳以上は23%。4人に1人は65歳以上

という現実を踏まえて、街中で歩く人々を

見るだけでもリサーチ力が向上するというものです。

このような数値的把握力がマーケティングの根拠に

なるのです。

 

【出典】

厚生労働白書平成24年

http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/12-3/

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

発表と報道の差

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第4章経営計画 | 水曜日 11 1月 2012 6:26 PM

 

厚生省から賃金について統計が発表されました。

http://goo.gl/kHZuR

 

新聞でも報道がされています。

という見出しで。

http://goo.gl/Y1PjE

 

しかし、厚生省の概要を見ると

http://goo.gl/yMknu

 

【24都府県で前年の賃金を上回る】

とあります。

増加 24都府県:減少 23道府県

という結果。

最も増加したのが【奈良県】。

最も減少したのが【山口県】。

 

 

【厚生省】と【メディア】。

強調する部分のちがいによって印象が

大きくちがいます。

 

「格差が広がっている」

と言われると地方の不景気を予測してしまいます。

しかし、実際は24の都府県で増加。

増加と減少の割合は、1:1

なので減少しているエリアは半分。

 

大きく現状への認識を間違えるところです。

 

このように、記事だけを見て鵜呑みにせず

原典を軽くでも見ることは大事ですね。


【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

製造業の事業所数は23万5817カ所

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第4章経営計画 | 金曜日 6 1月 2012 7:52 PM

 

日本では、事業の約4割は【製造業】

占められています。

先進国で、製造業のウエイトが大きい国は、

少ない。

他には、イタリア、ドイツぐらいでしょうか。

ほとんどの先進国は、金融、サービス業の

ウエイトが大きいのです。

 

では、日本の特徴である製造業。

どれくらいの事業所(工場等)があるのでしょうか。

 

(平成21年工業統計表2009「2011年発表」から

作成した資料を元にしています)

データ元: http://goo.gl/9kB89 

 

製造業の事業所総数は

【23万5817カ所】

あります。(従業員4人以上)

 

その中で大規模(大工場)と言われるのは

300人以上規模

その数は、合計で

【3,248カ所】

です。

 

内訳は

300〜499人:1,738カ所

500〜999人:1,016カ所

1000人以上:   494カ所

なのです。

全事業所の中で大規模な事業所の割合は

3,248/235,817→【1.4%】

70カ所に1つが大規模事業所に

なるわけです。

 

グラフを見るとわかりますが、製造業は

規模別にきれいにピラミッドを築いていることが

わかります。

 

それだけ、タテの連携が強かったことがわかります。

「ケイレツ」と呼ばれ、ひとつの会社のように

機能していたのです。

 

これだけの規模を誇っている日本の製造業。

現在は弱さばかりメディアでは取り上げられてしまいます。

円安や人件費、コスト、さらには税率の問題で海外に

生産拠点を移す企業も多い。

 

そんな中でも、日本生産でも生産効率、利益率が

高い工場も見受けられます。

 

例えばパソコンの製造。

イメージとしては、中国生産にすべてなったかの

ような感覚ですがそうではありません。

 

ヒューレットパッカードの昭島工場は、

http://goo.gl/zxbWn

中国で生産するより利益率が高い、

と言われています。(約10%)

 

また、NECの米沢工場でのパソコン製造では

一人当たりの生産性が中国の3倍になるようです。

http://goo.gl/ymyoo

レノボと提携後、中国からわざわざ視察に来ている

ようです。

 

このように、まだまだ製造業の裾野は広いので

知恵をプラスすれば可能性があります。

また、為替が円安になれば現在の韓国のように

輸出が復活することも予測できます。

 

将来を見据えた経営が必要だと感じます。

 

参考資料

 ↓【産業別 大規模事業所数2009】↓

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/
1 / 212