意図的な老朽化の時代には

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 20 7月 2012 7:11 AM

 

製品の寿命を決めるのはメーカーです。

買い替え、モデルチェンジを促すためにも

製品寿命を長くしない、という方針が

とられていることがあります。

たとえば、電球。

米国では100年以上の寿命を持つ電球が

あります。

ということは、作ろうと思えば100年の

電球をつくることができた。

しかし、メーカー側で寿命を決めてしまった

ようです。

業界によって、製品寿命が短いと顧客が認識している

分野では逆に寿命を延ばす戦略もありかもしれません。

電球については、ようやくですがLEDに切り替わりつつ

あります。

 このように、製品寿命を見ていくとその業界の

慣習がわかってきます。そこから、突破口が見えて

くることもあるのです。

 

(出典)

http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2012040548SC000/

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/