反応が遅いと致命傷になる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 3 2月 2016 8:04 AM

今年は、乱高下する年になるといわれています。

急な展開がある、ということ。

だから、会社の経営は臨機応変に対応を迫られます。

スピード修正できるかが、会社の実力になってくる

わけです。

では、対応が遅いとどうなるのか。

現在の状態が継続されるだけならいいのですが、

悪化してしまうことも考えられます。

そうなると、世の中の急流に

取り残されるだけでなく、致命傷になりかねません。

なかなか、決めたことが進まない会社は要注意です。

今はまだ何も起こりらないので、このままでもいいかな、

と感じている人は考え直す時期ということ。

焦る必要はありませんが、振り返りたい部分です。

 

【fjコンサルタンツ 公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/