昇進はまわりの評価

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 20 4月 2014 8:21 AM

 

 カン違いしている人が多いですが

昇進は、「まわりの人の評価」がすべてです。

先日も、新しくマネージャーになった方から

新しい名刺をいただきました。

ここまで来るのに3〜4年かかっています。

人は、1年〜2年で評価を求めることが多い。

その時に、「自分は昇進すべき人物だ」と

主張する人もいます。

直接的でないにしても、「あの人よりは私はできる」

と暗にほのめかしたりします。

それはそれで正しいことではありますが、

周りの人がどこまで評価しているのかは

別の問題。

まわりの人のほとんどが納得している場合の

昇進には問題はありません。

この原則、理解したくても理解できない人も

多いようです。

自己評価を手放せば本当に楽になるのに、

どうして自己評価に執着するのでしょうか。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/