自分で考えてやりなさい

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 27 1月 2018 7:23 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3321投稿目】

 

「自分で考えてやりなさい」

と解決策を自主的に考えさせることは

ひとつの方法ですが問題が出てくることも

あります。

 

その人が仕事に関してどこまで習熟している

かによって自主的に考えられる範囲が

違うのです。

 

考えてみればわかります。

スポーツの初心者に向かって

「工夫改善を自分の頭で考えなさい」

「練習内容を自主的に組みなさい」

と言ったところで具体的な正解は

出てこないものです。

 

これをムリに進めてしまうと今度は

「自分がダメな人間なんだ」

と悩む人が出てしまうだけなのです。

 

自主的、自発的な形は経営において

理想ですが、初期段階で自主的な面を

出し過ぎることは望ましくありません。

 

このポイントのずれを感じることが

あるのです。

優先させることは、自発的に考えることが

できるように仕事を会得させること。

 

しかも、この範囲まで覚える、身につける

ということを明確にしておくことです。

 

体系立てておくこととも言えます。

こうした段階をショートカットさせることは

できません。

 

慌てないようにしたい部分です。

 

 

 

 

リーダーは自分の意思でなる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 将来への投資,第7章自立型経営 | 水曜日 7 3月 2012 6:55 AM

 

リーダーになるには

「まわりの人の承認」

が必要です。

 

では、リーダーになるときは

「まわりから、すすめられてリーダーになる」

のか

「自分から意思表示してリーダーになる」

のか。

自薦なのか他薦なのか?

 

会社では、昇進によって役職がつきます。

だから、自分の意思ではリーダーにはなることが不可能。

しかし、

昇進の前にリーダーとして評価が下されています。

リーダーの資質を見られているわけです。

統率力

コーディネート力

など様々な資質です。

 

会社によっては、この資質の優先順位がちがいます。

中には、

【自ら名乗りでる】

ことに評価を与えている会社もあります。

 

その時は、リーダーは

「自分から立候補すること」

が正しいわけですね。

 

昇進にこだわりすぎると、積極性のない人になり

いつまでも認められない形になってしまいます。

 

失敗をいとわない社風であれば、積極的に

立候補

することも大事。

 

それこそ、やってみないとわかりませんから

チャレンジが必要ですね。

 

【意志】という言葉があります。

この言葉の意味の中には、

「自発的な思考」

という意味が含まれています。

 

「目標に対して自発的な思考をする」

とあるわけです。

となると、自発的でなければ意志がない

ということにも解釈できますね。

 

こうした理解から「自発的」を再度

とらえなおしてもらいたいと思っています。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/