やはり若手と提携したいのか

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 13 2月 2014 9:05 AM

 

 今までより若手層が活躍している業界が

あります。

ビジネス以外でも同じですね。

プロスポーツの世界も早くから海外に

出て行った若手層が活躍をしています。

ビジネスにおいて目立つのは、経営者の

若返りです。

これは、日本に限ったことではありません。

マイクロソフト社が40代の社長に交代するのも

ひとつの時代をあらわしています。

大きな変化をしている業界、先が見えにくい業界ほど

若手に期待するのでしょう。

先日も、メーカーさんが販売店と提携する場面を

見ました。

メーカーさんのトップは、数多く売ってもらえる人たちと

提携したがっています。

選んだのは、やはり若手営業が目立つ会社でした。

そうですよね。

期待できますし、現状を打破してくれるエネルギーを

感じるからです。

勘違いしてほしくありませんが、実際の年齢を指して

いるわけではありません。

若手の中にも老成した人もいます。

ベテランの中にも若手のような柔軟な方もいます。

まわりがそれを決めていますね。

現状打破するエネルギーを持った人に期待が集まるのでしょう。

見ていてわかりやすい時代です。 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
(Twitter)http://twitter.com/fujiwaratake
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/