電子書籍化へ

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 13 3月 2018 7:29 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3366投稿目】

2017年7月に出版しました

拙著『図解でわかる!回せるPDCA』が

電子書籍になりました。

http://amzn.asia/3GrDW4Z

 

 

昨年『図解でわかる!マーケティング』を

取り上げていただいたWebに

「今のところ(2017年10月現在)電子書籍化は

されていないのがちょっぴり残念。」

と書かれてあったのを見ていたので

こうした要望に応えられるのは嬉しいかぎりです。

 

今後、

スマホ世代の方々にも広く読んでいただければ

と思います。

 

 

 

 

 

——————————-

『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

http://amzn.asia/3GrDW4Z

 

展開いただいている書店

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 27 12月 2017 9:03 AM

70以上のプレスにも取り上げていただいている

『図解でわかる!利益を出す生産性』

ですが、書店でも並べていただいています。

あまり書店訪問ができていませんが

現在確認したところを紹介します。

1)紀伊国屋書店 新宿本店さん

2)丸善 丸の内本店さん

3)有隣堂 ヨドバシAKIBA店さん

4)中目黒 蔦屋書店さん

5)田辺書店さん(羽田空港第2)

また、順次更新していきます。

いつもありがとうございます。

 

 

お会いした方には下記のような

ハガキサイズの案内をお配りしております。

 

 

 

 

 

収録と書籍見本

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 19 12月 2017 8:07 AM

先日はEラーニングの収録でした。

http://wisdom-school.net/

https://www.facebook.com/wisdomschoolmedia/

今回は来週出版される『利益を出す生産性』を

実現するために準備しておくプロセスについて

お話ししました。

あまり表に出したことのないコンサルティングの

ノウハウを公開しています。

約20分の映像になると思います。

また公開されてからお伝えしたいと思いますので

もうしばらくお待ちください。

(追記:ダイジェストが早速できました↓

ありがとうございます!2017/12/20)

 

今回の収録には『利益を出す生産性』の見本が

届いていたのでお見せすることができました。

想像以上の鮮やかなレッド。

書店でも目立つでしょう。

12月22日発売になります。

 

 

著書ページが公開

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 16 12月 2017 7:18 AM

出版社Webに『利益を出す生産性』のページが

公開されました。

http://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/5378.html

概要については

『これから日本は生産年齢人口が毎年100万人以上減少し、

会社の景気がよくてもわるくても人を増すことが難しい

時代になります。経営者にとって頭の痛い話ですが、人を

増やさず増収するには、生産性の向上に取り組むしかあり

ません。本書は、企業の業績と売上に直結する生産性の

向上について、リーダー・営業・採用・組織編制・商品開

発など企業内の部門・制度それぞれの改革すべきポイント

を具体的にわかりやすく解説した入門書になります。』

になります。

 

公式Webにも著書ページが追加しております。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/activity/books/z-rprdctvty/

発売日は12月22日になりました。

その前後で店頭にも並び始めると思います。

 

【追記】2017/12/16

見本が届きました。

鮮やかなレッドです。

 

 

良くない環境にも3ヶ月で適応する

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 9 12月 2017 7:16 AM
人は適応能力が高い。
地球上で生き延びて
数が増え続けているのを見れば
いかに環境の変化に適応してきたのかが
理解できます。
その適応力がプラスだけでなく
マイナスにも影響することを
覚えておいてください。
というのも、良くない環境に
3ヶ月程度で適応してしまうからです。
最初は違和感を持っていたのにも
関わらず、3ヶ月後には適応して
当たり前のように感じるのです。
違和感がなくなり、普通の状態に
感じる感覚です。
これが悪い意味での適応力です。
自分の適応するという能力を活かす
ためには、良い環境にいることが
重要です。
意図して、良い環境に居続けることが
優先すべきことだとわかります。
もう一度、自分の環境を振り返り
どういった環境になっているかを
再確認してください。

図解でわかる!利益を出す生産性

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 3 12月 2017 6:59 AM

12月20日に出版予定の

『図解でわかる!利益を出す生産性』

が下記サイトで予約が開始されました。

・Amazon   https://goo.gl/gmUwQP

・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15240815/

・ホンヤクラブ https://www.honyaclub.com/shop/g/g18962763/

・紀伊國屋書店 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784798053783

honto                https://honto.jp/netstore/pd-book_28835779.html

e-hon    https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033702509&Action_id=121&Sza_id=LL

TSUTAYA  http://shop.tsutaya.co.jp/book/product/9784798053783/

 

今回の書籍は『生産性』をテーマにしています。

先月出版しました『図解でわかる!段取り時間術』

と重ならないように内容を吟味しております。

表紙にもあるように

【生産性】と【効率化】

を明確に区別し、生産性とはあくまでも

結果に大きく繋がる内容と定義しております。

結果に繋がる生産性向上のノウハウを

開示した書籍と思っていただくとわかりやすい

と思います。

具体的に、

■リーダーの生産性向上

■営業チームの生産性向上

■採用教育の生産性向上

■組織編成による生産性向上

■評価制度による生産性向上

■商品開発による生産性向上

■デザインによる生産性向上

■ブランディングによる生産性向上

■ビジネスモデルによる生産性向上

経営全般を網羅した内容となっています。

目次詳細は下記からご覧ください。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/activity/books/z-rprdctvty/

書店に並ぶまでにはまだ日数がありますので

もうしばらくお待ちください。

振り返ってみると、

今年は7月から出版が連続しており、

これで6冊(6ヶ月連続)になります。

累計では8冊。海外翻訳版、監修本をも

含めると10冊になります。

今回の【図解でわかる!シリーズ】だけでも

6冊になりましたのでセット販売できるように

考えているところです。

 

■8冊目拙著2017年12月20日発売予定
■7冊目拙著2017年11月発売
■6冊目拙著2017年10月発売
■5冊目拙著2017年9月発売
■4冊目拙著2017年8月発売
■3冊目拙著2017年7月発売
↓Facebookページ
 

会議資料が多すぎるのでは

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 2 12月 2017 7:59 AM

業績が向上し続けると社内では

以前はやっていたミーティングが

行われなくなるケースが多いことは

以前ここで書いたことがあります。

日報なくしたほうがいいのでは』2017/10/24blog

全体の結果が良ければすべてが良い

という感覚に陥るのです。

すべての面において「常勝感」を持って

しまう現象です。

すべてが上手くいっていると感じる

感覚です。

外でも同じようなことを目にしました。

「会議資料が多すぎるのでは?」

と疑問を大きな声で言う人が出てきたのです。

これ、とても危険なこと。

すべての面において上手くいくことは

ありえません。

これでもまだ何かが足りない、と推測できる

ことも能力のひとつ。

自分から不足を探すことができるのも

実力のひとつといえます。

同じような現象が発生しているということは

他の会社でも起こっていると予想できます。

ここで、また差がつくということです。

 

 

1 / 3123