こんなものが売れるのか

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 26 2月 2015 8:45 AM

 

個人用ダンボール防音室

1人が入るのがやっとの大きさ。

価格は59,800円と79,800円の2種類。

最初は、こんなものが売れるのか

わからなかったとか。

試作品を展示し、反応が大きかったので

製品化したようです。

販売実績は9ヶ月で1000台を販売。

製品化の前に、リサーチを行った事例ですね。

このように開発したメーカーも半信半疑の

ものでもユーザーが求めていれば成立するのです。

ものづくりの前にリサーチが必須ですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/