人は感情をともなうと記憶する

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 7 4月 2015 8:16 AM

 人は感情をともなった時のことを

必ずと言っていいほど記憶します。

幸福感、

き、

恐れ、

悲しみ、

怒り、

嫌悪

などの感情がわき起こった時の事柄は

記憶に定着してしまうのですね。

ということは、企業が商品サービスを宣伝し

お客様に記憶してもらいたい時は、

『感情をともなう』

ことを仕掛けることです。

自分たちが行っている宣伝や営業の内容が

お客様にとって感情がともなっているかどうかを

確認するのもひとつの方法ですね。

 
 

 

【fjコンサルタンツ 公式サイトリニューアルしました】

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】