真似るなら設計思想までさかのぼる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 21 12月 2012 9:11 AM

 

商品、サービスを競合と比較したり、

マネをしたりすることがあります。

その時、

他社の商品・サービス

を分析するときに、単に商品そのもの、

サービスそのものだけを分析するだけでは

不足しています。

どこまで分析すればいいのか?

それは、

設計思想

までさかのぼることです。

【顧客から求められている内容】

をどうとらえて設計しているのか?

設計者が考えていた顧客要求を

知ることが大切なのです。

次の段階は、設計思想を知ることで

こちら側がマネの領域からアレンジの

領域に達することができるわけです。

そこから出てくるアウトプットは

マネの商品サービスではなく、すでに

オリジナルになっているのです。

こうした、さかのぼり、ができるかが

実力となって差が出ます。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/