賃金比較:海外

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 将来への投資 | 月曜日 11 6月 2012 7:41 AM
賃金比較 ものづくり白書2012
(ものづくり白書2012より)
日本と諸外国の賃金比較表です。
日本の賃金は
中国の10倍
韓国の2.5倍
ベトナムの20〜30倍
といったところでしょうか。
ということは、数倍から20倍の
生産性
創造性
がなければならないという解釈も成り立ちます。
それだけの価値をつけられるのであれば
海外ともやっていけるわけです。
この現実を社員スタッフまで理解させることが
今後は必須です。
そうしなければ、いつまでたっても、海外の
ことを言い訳にしかできません。
【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

発表と報道の差

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第4章経営計画 | 水曜日 11 1月 2012 6:26 PM

 

厚生省から賃金について統計が発表されました。

http://goo.gl/kHZuR

 

新聞でも報道がされています。

という見出しで。

http://goo.gl/Y1PjE

 

しかし、厚生省の概要を見ると

http://goo.gl/yMknu

 

【24都府県で前年の賃金を上回る】

とあります。

増加 24都府県:減少 23道府県

という結果。

最も増加したのが【奈良県】。

最も減少したのが【山口県】。

 

 

【厚生省】と【メディア】。

強調する部分のちがいによって印象が

大きくちがいます。

 

「格差が広がっている」

と言われると地方の不景気を予測してしまいます。

しかし、実際は24の都府県で増加。

増加と減少の割合は、1:1

なので減少しているエリアは半分。

 

大きく現状への認識を間違えるところです。

 

このように、記事だけを見て鵜呑みにせず

原典を軽くでも見ることは大事ですね。


【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/