質問に正確に答えることができなくなる時期

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 1 9月 2016 8:36 AM

営業の方が新人から2年目、3年目になると

なぜか、お客様の質問に正確に答えなくなります。

どういうことか?

商品知識や経験ができたので、様々なことを説明できる

ようになったため、余分なことを説明してしまうのです。

たとえば

「これ、いくらなの?」

「そうですね、オプションがついていますし、

限定した商品なので、通常品と違いますので・・・」

「だから、いくらなの?」

といった感じです。

質問に対して、付随する周辺情報を語り出し

質問の答えをなかなか言わないのです。

仕事をし始めた新人にはそのようなことは

起こりません。

2年3年目頃になると覚えた知識を出さなければ

という意識が先行するようです。

こんな時は、

「先に答えを言ってください」

「質問に答えて」

と言いながら教育することです。

短く答えることを習慣化させることです。

 

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/