購買層変遷 シニアが増えた業界

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 12 5月 2015 8:11 AM

 

飲食店や小売で購買層が大きく変化している会社が

あります。

たとえば、吉野家。

牛丼といえば、安く、量を食べることができるお店でした。

そのため、学生、20代男性が中心だったのです。

しかし、今は違います。

顧客層がシニア化しています。

60歳以上の割合が3割を越えたようですね。

会社側の予想は、1割ぐらいだったようです。

予想の3倍だったわけです。

他にもセブン-イレブンも顧客層が変化しています。

50代以上の利用者は

1985年で9%

1995年が12%

2013年は30%

と増加を続けています。一方で20代以下は

1985年は64%

1995年は57%

2013年には29%

と急に低下しています。

こうした傾向をつかんだ会社だけが業績を伸ばしている

とも言えます。

急な顧客の変化に敏感反応できる会社でいたいですね。

 

【出典】

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO86421900T00C15A5TJC000/

 

【fjコンサルタンツ 公式サイトリニューアルしました】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/