現場を経験していない人の言葉

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 11 10月 2012 8:38 AM

 

どんな世界でも

現場を経験していない人

結果を出したことがない人

の言葉は軽い。

本人は、その自覚がないことが多いですが

聞いているまわりは、「軽い」言葉だと感じるものです。

最近もこんなことがありました。

営業の世界では、過去の実績数字がその人の

経験をあらわすことになります。

たとえば、

売上1億円を突破した

大型案件を受注した

ことがその人の価値の一部になるわけです。

しかし、ベテランの方は自分より下の人に

入社年数が多い、ということだけで

何かを教えようとしたり、語ろうとします。

しかし、

尊敬はされない

世界なのです。だからこそ、一度は自信の

持てる数字を出すことです。

そこが突破できなければ、いつまでたっても

同じところにいるだけになってしまうのです。

これは、自由の裏返し。

自由に仕事ができるからこそ、比較や競争が

必然なのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/