リーダーになってから理解できた過去の自分

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 25 8月 2012 7:07 AM

 

今年新しくリーダーになった人がいます。

そのリーダーが最近、

「サブリーダーの動きが遅い」

と感じているようです。

リーガーが意図するタイミングで動いてくれない、

取り組む姿勢を見せてくれない、という状況らしいです。

そのとき、過去の自分のことを振り返ったそうです。

自分がサブリーダーだったときに、どのように

動いていたのか?

自分も今のサブリーダーと同じように動きが遅かった

のを思い出したそうです。

そこで、前リーダーのもとに行き、過去の自分を

反省し、現在の状況を相談した、と聞きました。

チームのトップに立つと、見える範囲が変わって

きます。

過去の自分では見ることができなかったことが

広く見えてくるのです。

この方も、リーダーになることをためらっていた

時期もありました。

しかし、実際にリーダーとして責任を持って

遂行することにより成長を遂げています。

自分の殻を自ら破り、リーダーとして統括して

いくことができるでしょう。

過去の自分を客観的に見ることができるのは

大事ですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/