長時間働くことが評価されなくなると

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 5 5月 2015 9:44 AM

 

『長時間働くことが評価されなくなると

働き方の意識が変わるかもしれない』

という説があります。

部分的に同感です。

この内容が当てはまるのは、40代以降の

方かもしれません。

限定的な説のひとつです。

スキルが安定化した人たちに『長時間働くことを

 ほとんど評価しない』、という方針が浸透すれば

働き方が変わる。

「そうか、成果に集中すべきか」

と意識が変わる。

役職が上がるほど、プロセス評価の割合が下がり

成果評価の割合が増えてくるものです。

会社の評価方針が変化するだけで働く意識が

大幅に変わる、ということですね。

 

【fjコンサルタンツ 公式サイトリニューアルしました】

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】