電卓アプリの世界

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 24 1月 2016 9:33 AM

アプリで収益をあげる、と考えるとき

ゲームをつくる、という選択肢を思い浮かべるでしょう。

大ヒットはゲームになりますが、

ロングセラーのアプリは、違います。

たとえば、

・電卓アプリ

は、そのうちのひとつ。

コンスタントに月に100万円以上の収益を

あげる電卓アプリも報告されています。

ここで取り上げるのは、「メモれる電卓」。

クライアントの営業さんが便利そうに使っていたので

紹介します。

別に新しいアプリではないですが、発想がユニークなので

参考になるでしょう。

部分的に計算した結果をメモとして残せて、再度活用できる

という電卓アプリ。

いわゆる、ソロバン上でやっていたことをメモ化した、

と言い換えてもいいでしょう。

詳しくは下記動画を御覧ください。

余談ですが電卓アプリを紹介しているこの動画は、上場した

AppBank株式会社 が配信している番組。

会社の今期売上は40億円を計画。

収益の柱は、こうした動画配信による

広告収入になっているのがわかります。

こうしたビジネスの会社が上場する時代になった

ということをあらためて感じます。

 

【fjコンサルタンツ 公式サイト】

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】