どこでも充電

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 13 12月 2017 6:13 AM

電気自動車は充電ステーションが

限られることがネックになります。

これを解消するサービスがドイツの

ベルリンで始まりました。

ベンチャー企業が行なっているサービスは

移動型充電ステーション

自転車で充電ステーションを移動させて

電気自動車に充電する、というシステム。

シンプルなビジネスで顧客の不満を

解消するソリューションサービス。

最初は、カーシェアリングの会社と提携して

ビジネスを広げていくそうです。

この発展型のサービスも今後は出てくるでしょう。

トラック型移動充電ステーションもつくる

ことができるのではないでしょうか。

JAFなどのロードサービス会社がこのような

サービスを優先して出してくるかもしれません。

アイデアが広がり、サービスが新たに生まれ

新しい世の中が実現します。

これからが楽しみな領域のひとつです。

 

【出典】

Chargery

https://techable.jp/archives/68511

 

 

 

 

 

 

どこまで普及するのか

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 6 12月 2017 7:42 AM

電気自動車の話です。

先日も自動車関連業界にいる方と

雑談をしていました。

電気自動車は普及するのか?

普及するならいつぐらいになるのか?

という内容です。

電気自動車の普及には

・1回の充電で可能な走行距離

という制約がまだ存在しています。

走行距離が現在の電気自動車の2倍まで

伸びなければ普及期が訪れることは

ないのではないかと予想しています。

また充電設備の場所が増加すること。

特に急速充電できる場所が増加しなければ

長距離ドライブに利用されることもありません。

今のところ急速充電の場所が増えているようには

感じません。

ということは緩やかに電気自動車に移行させる

と読んでいます。

 

 

 

米国基準だと4割ダウン

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 29 9月 2017 8:14 AM

電気自動車リーフ。

新型が出ました。

航続距離400kmと宣伝されていますが

これは日本基準。

米国のEPA基準だと航続距離240km(150マイル)。

国によって基準が違うのはわかりますが

これほど大きな差があるのを知らない人の

方が多いのではないでしょうか。

自動車評論家の中には日産の宣伝について

述べている人も見受けられます。

結局のところ実際に使ってみて、どの程度

走ることができるのかが問題です。

顧客評価が時間の経過とともに出されるので

最終的にはその製品の価値に落ち着くのです。

最初が高くても低くても最終的に正しい

製品価値に収束されていきます。

そこでようやくメーカーの姿勢が問われる

ことになるでしょう。

 

 

————————————————————–

【6冊目の拙著 2017年10月3日発売】

『図解でわかる!伝わるプレゼン』(秀和システム)

————————————————————–

【5冊目の拙著 2017年9月発売】

図解でわかる!マーケティング』(秀和システム)

————————————————————–

【4冊目の拙著 2017年8月売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

 

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  https://goo.gl/VfGeGi (紀伊国屋書店)

  https://goo.gl/dxa3td (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/csS1Bt (三省堂書店)

  https://goo.gl/CR99DA (有隣堂)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

————————————————————–

【3冊目の拙著 2017年7月発売】

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

「そもそもこの計画、このメンバーで達成できない・・・」

と少しでも感じているのなら・・

 

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  goo.gl/HAPBVn (紀伊国屋書店)
  goo.gl/cDxzwM (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/V51AYZ (三省堂書店)

  https://goo.gl/HdeiXi (有隣堂)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

————————————————————–

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

異業種参入事例

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 27 9月 2017 7:04 AM

掃除機メーカーのダイソン社が

電気自動車への参入を発表。

2020年までに市場参入する、とのことです。

電気自動車が広がるとメーカー数は

一気に増えます。

異業種からの参入が増えるからです。

その後、時間とともに淘汰され

ある程度の数に落ち着いていきます。

日本もバイクメーカーが一時期

200社あった時があります。

それが今は数社のみ。

同じようなことが電気自動車の

メーカーにも起こるでしょう。

これからが注目の業界です。

 

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGXLASGN26H1S_W7A920C1000000/

————————————————————–

【6冊目の拙著 2017年10月3日発売予定】

『図解でわかる!伝わるプレゼン』(秀和システム)

————————————————————–

【5冊目の拙著 2017年9月発売】

図解でわかる!マーケティング』(秀和システム)

————————————————————–

【4冊目の拙著 2017年8月売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  https://goo.gl/VfGeGi (紀伊国屋書店)

  https://goo.gl/dxa3td (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/csS1Bt (三省堂書店)

  https://goo.gl/CR99DA (有隣堂)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

————————————————————–

【3冊目の拙著 2017年7月発売】

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

「そもそもこの計画、このメンバーで達成できない・・・」

と少しでも感じているのなら・・

 

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  goo.gl/HAPBVn (紀伊国屋書店)
  goo.gl/cDxzwM (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/V51AYZ (三省堂書店)

  https://goo.gl/HdeiXi (有隣堂)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

————————————————————–

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

小型2人乗り、家で充電

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 25 8月 2017 8:04 AM

イタリア製電気自動車

2人乗りが日本でも発売。

150万円より。

充電が手軽にできるように

なっています。

バッテリーをはずして

家の中まで持ち歩ける。

電気自転車と同じですね。

実際の走行は下記動画で確認できます。

こうした小型モビリティは続々と

商品が発売されてきますね。

あとは、どこで普及ポイントを

突破していくか、です。

 

【出典】https://www.birojapan.com/

 

【5冊目の著書9月6日発売予定】

『図解でわかる!マーケティング』(秀和システム)

————————————————————–

【4冊目の著書 8月19日発売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  https://goo.gl/VfGeGi (紀伊国屋書店)

  https://goo.gl/dxa3td (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/csS1Bt (三省堂書店)

  https://goo.gl/CR99DA (有隣堂)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

————————————————————–

【3冊目の著書 】2017年7月発売

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

「そもそもこの計画、このメンバーで達成できない・・・」

と少しでも感じているのなら・・

 

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  goo.gl/HAPBVn (紀伊国屋書店)
  goo.gl/cDxzwM (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/V51AYZ (三省堂書店)

  https://goo.gl/HdeiXi (有隣堂)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

————————————————————–

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

 

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

67年前に電気自動車を出したメーカーとは

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 16 8月 2017 8:58 AM

自動車部品メーカーのデンソー。

実は1950年に電気自動車をつくって

いたことがあります。

「デンソー号」という電気自動車。

50台販売したそうです。

デンソーは

1950年電気自動車開発発売

1970年電気自動 車機器事業部

1992年EVプロジェクト室

2006年EHV機器事業部

と何度も開発を繰り返してきています。

今後、電気自動車の時代は到来するわけですが

デンソーという会社がどうやって活躍するのかは

注目です。

 

 

 

【出典】

https://www.denso.com/jp/ja/innovation/technology/dtr/v16/3.pdf

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO19994180V10C17A8I00000/?n_cid=NMAIL002

 

【4冊目の著書 8月19日発売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

 

【3冊目の著書 】2017年7月発売

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

「そもそもこの計画、このメンバーで達成できない・・・」

と少しでも感じているのなら・・

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  goo.gl/HAPBVn (紀伊国屋)

  goo.gl/cDxzwM (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/V51AYZ (三省堂書店)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

目次をご覧になりたい方はこちらから。
  http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/activity/books/z-pdca/
「制作過程について」ブログに書いております。

  https://goo.gl/47e3w8
  https://goo.gl/2dxJXb

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

——————————-

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

電気自動車の予測が大きく変化

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 6 3月 2013 7:24 AM

 

電気自動車がどこまで普及するのか?という予測が、

1年前と今年とでは、大幅に変更されています。

ようするに、

「1年前は、電気自動車が大幅に普及するだろう」

という強い論調。

今年は、

「現実的に考えれば、これくらい」

という予想のようです。

3Dテレビと似ていますね。

一種の盛り上がりを見せるものは、その本質を

見なければ、1年後には、急速にしぼんでしまうのです。

電気自動車も、巨大な石油マーケットから転換

しなければならないので、障害は大きいわけですね。

その現実を計算すれば、予測が縮小してしまうのです。

本質を見極める目を養いたいですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/