頑固さはある意味、何も考えていない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 23 2月 2013 8:01 AM

 

認知コスト、という言葉あります。

脳が認知する時に、どのくらいのエネルギーが

脳に流れるのかを計測し比較します。

人間の脳は、大きい割には、流れるエネルギーが

少ないそうです。

これは、どういうことか。

あまり脳を機能させないような、省エネタイプの

脳だと言えます。

そのため、判断を固定させたり、認識を固定させて

いると考えられています。

生命保存の目的もあるのでしょう。

ただ、成長するときには、ジャマになるかもしれません。

固定化されたものでは、成長、変化は起こらないからです。

30代になると、仕事に関しては、頑固さを持ち始めるものです。

過去の成功体験がそうさせるのでしょう。

現状維持のままならいいですが、成長を望む場合には現状維持で

結果が変化することはありえません。

わかっているけど、そう簡単ではないですね。

新しい認知にはエネルギーが必要だとすれば、それは、

ある種の、戸惑いを生むはずです。

体力も必要でしょう。

そのため、30代になり、40代になると、なかなかできない

わけですね。

自分で、できない人は、人から支援してもらうしかありません。

そのためにも、100%完全な素直さを身につけるしかないのです。

30代なら1年〜3年かかります。

40代以降は、見当もつきません。

そんな世界だと認識しています。

なので、30代、40代で成長した人を見ると尊敬したく

なります。

影でどのくらい苦労したか想像できるからです。

1人でも多く、味わってほしいですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/