営業は大台を越えないと自信がつかない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 12 2月 2015 8:54 AM

 

営業さんの売上数字は扱う商品によって

年間売上の規模がちがいます。

ただ、住宅などの高額商品でなければ、

年間『1億円』を1人前の目安とすると

わかりやすいです。

先日も、1個数百円の商品を扱う営業さんが

数年かけて1億円を越えていきました。

長年見ているので、『ようやく』という安堵と

『遂に』と、感慨深いものがあります。

本人もこの数字を目標に数年間がんばってきたので

『ようやくやりました』

と何度も言っていました。

自信がついたことでしょう。

仕事において、数字はウソをつきませんし、

絶対的な自信にもつながります。

達成することが成長にもつながるわけです。

いいことですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/