表現力 情報のデザイン

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第2章事業創造,第3章営業と販促 | 木曜日 7 4月 2011 11:26 AM

情報を表現する手法が

変化してきています。

美しい」レベルの情報表現

認識されるようになってきて

います。

この流れは、数年後に

当たり前になるかもしれません。

表現力の幅を広げるためには

数多く見ること、

表現方法の種類を増やすこと、

パターン認識を増加させること、

データベースをつくること

最初に取組むことです。

 

↓ facebookのつながりをマップ化したもの。

↓ ちょっと前の資料ですが、

オバマ大統領に対する反応を

エリアごとに図式化したもの。

↓ カクテルの中身を図式化し表現したもの。

 

【出典】

http://flowingdata.com/

http://flowingdata.com/2011/04/04/more-proportions-and-cocktails/

保存:オズボーンのチェックリスト

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第2章事業創造 | 日曜日 20 2月 2011 8:52 AM

発想法の基本編。

アレックス・F・オズボーンの発想法。

下記、9つのチェックリストで発想を

広げて行きます。

1)転用
2)応用
3)変更
4)拡大
5)縮小
6)代用
7)再利用
8)逆転
9)結合

英語表記だと、

1)転用→Other uses
2)応用→Adapt
3)変更→Modify
4)拡大→Magnify
5)縮小→Minify
6)代用→Substitute
7)再利用→Rearrange
8)逆転→Reverse
9)結合→Combine

具体的には

1)転用

今のままで新しい使い道はないか

少し変えて他の使い道はないか

2)応用

これに似たものはないか

他に似たアイデアはないか

3)変更

形式を変えたらどうか

意味を変えたらどうか

4)拡大

何か加えたらどうか

もっと回数を多くしたらどうか

5)縮小

分割したらどうか

やめたらどうか

6)代用

他の材料にしたらどうか

他の人にしたらどうか

7)再利用

他の順序にしたらどうか

原因と結果を入れ換えたらどうか

8)逆転

役割を逆にしたらどうか

立場を変えたらどうか

9)結合

目的を結合したらどうか

アイデアを結合したらどうか


事業創造、商品企画、販売企画、営業企画、など

仕事のアイデアが必要なときにこのチェックリストを

参考にしながら思考を広げて行きます。

戦後史を振り返るとビジネスのネタが見つかる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第2章事業創造 | 火曜日 1 2月 2011 8:35 AM

事業を考えるヒントはさまざまな

ところに隠されています。

戦後史をきちんと振り返ることが

ビジネスのおいては非常に

重要だと思っています。

戦後のある時を切り取って

エポックメーキングなできごとを

振り返ること、そしてそこから

事業のアイデアが出てくるのです。

たとえば、1958年に広まった

「団地族」という言葉。

この時代に何が変化したのか。

団地族の住まい、間取りが、

寝食分離の間取りを採用し

たのです。

ダイニングキッチンと呼ばれました。

それまでは、寝食が同じ部屋だった

ということ。

生活様式の大きな変化。

それが、50年以上前なのです。

最近は、どうなっているのか?

逆にもどってきています

部屋を分離していったところから

再度、一室に回帰しているのです。

見えない部屋があるより、見渡せる

に戻って安心しているのです。