3Dデータから30秒で見積り可能に

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 15 8月 2016 8:55 AM

「3Dダイレクト調達」というキャッチコピーのサービス

ようするに、3Dデータをクラウドに送信するだけで

部品見積りが30秒後に届く。

通常、2D図面からだと見積りに2〜3日かかっていた。

それが、30秒で終わってしまう。

そうなると、どうなるのか?

見積りのリードタイムが短くなるだけでなく

設計段階から調達を考えることができる。

この部品は内製化、あの部品は外注へ出す、

といったように判断できるのです。

このサービスはグッドデザイン賞も受賞していますね。

まずは金型部品からスタートしているようですが

そのうちに広がるのでしょう。

こうした生産性向上をいち早く試す、取り入れる企業が

今後は生き残るともいえます。

目が離せません。

 

 

【参考記事】

クラウドで見積もり30秒 インダストリー4.0

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/080400598/?r_system&rt=nocnt

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/