見ていないところで力を発揮する人

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第5章実行 | 土曜日 19 11月 2011 10:48 AM

 

だれも見ていないところで仕事をきっちりする人がいます。

すぐには評価されないでしょうし、

仕事の結果も出ないかもしれません。

 

でも、自分の信念に基づいてやり遂げている。

 

 

これからは、こうした

【だれも見ていないところで力を発揮する人】

が求められと考えています。

 

なぜなら、

短期的な取り組みで結果を出しにくくなったこと

が要因です。

 

現在、業績が安定している方を見ますと

【責任感があること】

が要因としてあげられます。

 

そのひとつが

【見られてなくても】

という側面なのです。

 

反対に【一人の時はどうしても手を抜いてしまう】人は、

業績が不安定。

露骨にその辺りが結果に出てくる時代です。

 

【一人でもやる】

という意識で取り組みたいところです。

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/
【経営に関するご相談は、こちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/soudan/

見えないから不安になりフリーズする

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第5章実行 | 月曜日 4 4月 2011 4:25 PM

見えないから不安になる。

フリーズする。

手詰まり

何をしていいのかわからない

状態になる。

 

少しでも見えている状態は

まだ手がかりが見いだせる。

その差は、雲泥。

 

見えていれば、

可能か不可能か

の判断もできる。

 

しかし、見えない時ほど、

どこから何が起こるのか

わからない。だから

不安を増大させてしまう。

 

では、何を見るのか?

どうやって見るのか?

 

1)判断せず、すべて見る

2)先入観を持たず収集する

3)普段より踏み込んで聞き取る

 

正確さより、あいまいさ

大事にし、

冷静な判断より、本能的な

直感を信じる。

 

そこから、不安を打ち消す材料を

見いだして行くことが可能になるのです。

相手の後ろの後ろまで見えているのか?

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第6章進捗会議 | 月曜日 7 3月 2011 8:12 AM

人に詳しいとは、

相手の後ろ側まで見えている」

ことです。

後ろ側とは、

話していること以外に考えていること

です。

さらに、後ろの後ろがあります。

本人は気がついていないが確固として

持ち続けているもの

です。

図にすると上記のようになります。

話しながら、相手の後ろ側まで

見つめます。

「何を考えているのか」

「どうして、こんなことを言うのか」

「ここが根本。本人は気づいていないかも」

と、会話していること以外に

推測していくことなのです。

着実に進められないリーダー

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第5章実行 | 金曜日 28 1月 2011 4:49 PM

決めたことが実行されない組織の

特徴はリーダーが「あきらめてしまう」

ことです。

粘り強さ、根気が続かない。

この人は、これ以上言ってもだめ、

毎回確認しているが進まない、

といった状況判断してしまうのです。

判断したらそこで何もかもが停止

します。

それでは、経営になりません。

他社に遅れを取ることにもなります。

着実に進めるコツは、きちんとできて

いなくても進めることです。

揃っていなくても進めること。

正確でなくても進めること。

できなくても進めること。

失敗しても進めること。

最初から完璧にできることはありません。