高齢者の定義75歳以上に提言

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 10 1月 2017 7:03 AM

実は「高齢者」という枠組みは

明確な基準がない。

法律では高齢者という定義は存在していないのです。

今回、日本老年学会が高齢者の定義を

・75歳以上

にすることを提言しています。

75歳より下は

・就労

・ボランティア参加

を促すべきという意見。

そもそも今までの高齢者は65歳以上と

されていました。

これは、昭和31年(1956年)に国連の

報告書をもとに位置づけられたものです。

それが、このタイミングで75歳以上に

変更されようとしています。

なぜでしょうか?

この提言をしている日本老年学会と

いうのは、7つの学会の連合体

こうした団体がメディアを通じて

発表されることに大きな意図を

感じないわけにはいきません。

企業経営にとっても大きな影響が

予想されます。

雇用延長が将来は75歳まで延長される

ことが現実となるかもしれませんね。

 

 

【出典】

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170105/k10010829971000.html

http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040011_V00C17A1000000/

 

【出張時に撮影した空の写真が300枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/