同化していく

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 28 2月 2018 8:55 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3353投稿目】

業界のシェアを大手数社が占めている場合、

各社から提供される商品やサービス、価格が同化してきます。

 

携帯キャリアの価格はドコモ、KDDI、ソフトバンクの

3社が横並びになりました。

 

当初はソフトバンクが価格攻勢をしかけましたが

時間とともに横並びに落ち着いたのです。

 

ただ、新規参入の会社があればまた価格、サービスが

競争していくのです。

 

楽天が参入を表明していますので、これからの動きが

楽しみです。

 

どのような戦略を立ててくるかに注目です。

 

他にも、航空業界はJALとANAが2強なので提供する

サービスが同化しています。

 

たとえば、機内Wi-Fiサービス。

国内線はJALが無料でANAが有料でした。

 

40分550円、時間制限なしで1,050円という

価格でANAが提供しています。

 

これが4月から無料になります。

理由は正確にはわかりませんが、思ったより

有料でWi-Fiを利用する人が少なかったので

無料という経営判断をしたとも予想できます。

 

もしくは、JALが無料だったのでANAも

JALに合わせていくことを優先したかもしれません。

 

このようにサービス、価格帯が同化する現象が

発生するのです。

 

ということは、業界の大手会社寡占状態を見れば

将来予測ができるということになります。

 

【出典】

https://goo.gl/QEfs7R

https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/departure/inflight/wifi/

 

 

 

年100億円の投資

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 15 12月 2017 8:18 AM

ANAが人工知能、ロボットへの投資を

年間100億円以上すると発表しています。

経常利益額の7%程度を投資する

形になります。

荷物を預けるのが窓口カウンターから

自動預け機になったのが最近の特徴でしたが

今後は手荷物自動積み込み機の導入も

考えているようです。

航空業界は省力化を優先させる業界のひとつだと

感じています。

また自動化に対する抵抗感も少ない業界

ともいえるでしょう。

飛行機はパイロット自身が操縦する時間が

減ってきているからです。

安全性を保ちながら自動化することを

進めてきた業界でもあるのです。

そのため地上での仕事に関しても省力化は

即実現していくのではないでしょうか。

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO24638480U7A211C1TJ2000/

 

 

旅して鳥取を応援しよう!

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 21 11月 2016 8:36 AM

鳥取県中部地震から約1ヶ月が経ちました。

鳥取の観光は11月がピークで

約5万人が訪れる場所。

しかし、今回地震発生後、1万件超の

キャンセルがあった、とのこと。

そのため、ANAが

旅して鳥取を応援しよう

という企画を行っています。

旅して鳥取を応援しよう

また、

鳥取旅行応援クーポン(5000円分)

も発行されているので1泊2日

3万円程度で行くことが可能です。

(羽田鳥取往復+宿泊)

クーポンは限定のようですが、まだ残りは

あるようですね。

鳥取の魅力は

http://www.uttori-tottori.jp/recommend/

に127個掲載されているので

見るだけでも価値があります。

鳥取砂丘が有名なため、それだけしか

知らない人も多いかと思いますが

他にも見ておくべき場所やモノが

多いことに気がつくのではないでしょうか。

 

【参考】

http://www.ana.co.jp/domestic/promotions/special-info/tottori.html

 

【おすすめ書籍】

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

なぜトラブルが続くのか

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 8 9月 2016 9:24 AM

全日空(ANA)の話し。

今年に入り、トラブルが続いています。

・システム障害

・手荷物を積まずに出発

・エンジン不具合による欠航

など。

雑誌の記事に取り上げられるほどに

なっていますね。

国際線を含め路線を拡大している中で

拡大とトラブルは関係しているのでしょうか。

現在、月に数回飛行機を利用し、過去累計では

500回超、乗っています。

9割 全日空(ANA)を利用しています。

搭乗する顧客側から見て対応がわるくなった

という印象はありません。

ただ、パイロットがポケットに手を突っ込んで

空港到着ロビーを歩いているのを

目にすることが今年はありました。

一瞬、全日空大丈夫かな?と感じましたが

そのことは忘れていきました。

しかし、トラブルが続くとあの時の光景が

会社の雰囲気を表していたのだと実感します。

 

業績が良い時ほど、「慢心」が出始めるものです。

20年ほど前に

——————————-

全日空は病んでいる―“ザ・ファースト・チョイス”の勘違い
田中 康夫 著
https://www.amazon.co.jp/dp/4478560196

——————————-

という書籍が出ています。

20年経った今、歴史は繰り返されるのでしょうか。

これからも全日空を乗り続けるので経営の原理原則は

逸脱しないでほしいと願うばかりです。

 

【出典】

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/246820/090800047/?P=1

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/