なぜトラブルが続くのか

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 8 9月 2016 9:24 AM

全日空(ANA)の話し。

今年に入り、トラブルが続いています。

・システム障害

・手荷物を積まずに出発

・エンジン不具合による欠航

など。

雑誌の記事に取り上げられるほどに

なっていますね。

国際線を含め路線を拡大している中で

拡大とトラブルは関係しているのでしょうか。

現在、月に数回飛行機を利用し、過去累計では

500回超、乗っています。

9割 全日空(ANA)を利用しています。

搭乗する顧客側から見て対応がわるくなった

という印象はありません。

ただ、パイロットがポケットに手を突っ込んで

空港到着ロビーを歩いているのを

目にすることが今年はありました。

一瞬、全日空大丈夫かな?と感じましたが

そのことは忘れていきました。

しかし、トラブルが続くとあの時の光景が

会社の雰囲気を表していたのだと実感します。

 

業績が良い時ほど、「慢心」が出始めるものです。

20年ほど前に

——————————-

全日空は病んでいる―“ザ・ファースト・チョイス”の勘違い
田中 康夫 著
https://www.amazon.co.jp/dp/4478560196

——————————-

という書籍が出ています。

20年経った今、歴史は繰り返されるのでしょうか。

これからも全日空を乗り続けるので経営の原理原則は

逸脱しないでほしいと願うばかりです。

 

【出典】

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/246820/090800047/?P=1

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/