20年以上使っていたドコモを離れる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 9 1月 2017 8:00 AM

LINE MOBILE

20年以上使ってきたドコモ。

iPhoneが出た時に、ソフトバンクiPhoneを

追加したため、その後2台持ちが

続いています。

(当時はdocomoにiPhoneがなかったため)

ドコモの方は、電話ぐらいしか

使わなくなったため他キャリアを検討

していました。

今は、番号ポータビリティー(MNP)があるので

電話番号そのままで移行できること、

電話帳もクラウド化しているので

移行への障壁が低いことが意思決定へ

導いた形です。

あと、docomoの料金が負担に感じていた

ことが大きいです。

そのあたりは、ソフトバンクの方が

意識しているように感じます。

2年以上継続利用している顧客に

特典を出していますね。

(ソフトバンクの継続特典については

11月のブログ「リピートしていただく策」に

書いています)

キャリア移行は結局のところ

LINEモバイルにしました。

月額料金は約5〜8割は下がることになりそうです。

(通話料により変動)

料金システムは「ゼロレーティング」なので

SNS使用にはデータ通信料金がかからない

プランになっています。

実際の手続きも思っていたより楽でした。

これなら、今後もMVNO(仮想移動体通信事業者)

格安SIMへの移行は増加しますね。

 

 

 

【出張時に撮影した空の写真が300枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

競合先は他業界からもやってくる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 28 8月 2012 7:27 AM

 

ドコモが通販事業を広げています。

通販会社のM&Aを活発化しているのも

そのためです。

スマートフォンでの出遅れを感じているので

巻き返しをはかるためでしょう。

米国のAmazonを目指す、と宣言しています。

米国Amazonも電子書籍端末Kindleを発売

していますが、そのうちスマートフォン事業も

Appleのように出してくるかもしれませんね。

そうなると、携帯電話会社の競合先は

新規参入組が脅威になってくるわけです。

Amazonと手を組むことが携帯電話会社にとって

最優先事項となるかもしれませんね。

それとも、自社だけでサービスを運用し

競争するか、という選択肢を選ぶかもしれません。

ドコモは、iPhoneを選択せず、一人負けが続いて

います。

この傾向は数年続くでしょう。 

そうなると、次のスマートフォンの通販事業が

成功の鍵となるかもしれませんね。

それにしても、最近のドコモは経営にスピード感が

ありません。

トップの問題でしょう。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/