日本は確実にエブリデイロープライス化している

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 16 1月 2016 9:55 AM

食品を扱うメーカートップの言葉に

「日本は確実にEDLP(エブリデイロープライス)化している」

というくだりがありました。

確かにそうでしょうね。

食品に関しては内容量を減らして

価格対応しているメーカーもあります。

ただ、ここで考えておきたいのは

特異性のある商品以外は、同等商品が存在し

最後は価格差になっていくということ。

これは、商品を同じ土俵で販売する時には

避けられない。

ロープライスできないのであれば、同じ土俵で

販売しないことしかない。

その場合

・直販(直接販売)

を思いつく人も多いでしょう。

それも方法のひとつですが、その上にもう一段階

販売形態を変えるレベルがあります。

そこを考えることが経営者の仕事。

「よくわからない」

「思いつかない」

とこぼしている段階で将来は存在しません。

残念ながら縮小の道を歩むだけになります。

先日もある部署のビジネスを変革する話し合いを

しましたが、現状の2倍〜5倍の規模まで

見えてきました。

しかも価格・粗利も増加する施策です。

売上を増やしながら利益率も改善する、ということも

考えれば出てくるものですね。

 

【fjコンサルタンツ 公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/