インターネットオブシングス(Internet of Things : IoT)の可能性

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 31 7月 2015 8:37 AM

 

最近は何かと IoT(Internet of Things)という

言葉が飛び交っています。

これは、モノのインターネットと言われ

家電をはじめ身の回りのモノがインターネットと

つながることを指します。

その個数は、現在1人あたり2個程度ですが

これが2040年には、1人あたり1000個の

デバイスとつながるようになる、と言われています。

これによってたとえば、家電が大きく変わったりします。

センサーが増え、体調管理を自動的にしてくれたり

病気予測をしてくれたり、自動的にスイッチコントロール

してくれたり、することになるでしょう。

このため、ビッグデータの活用が増えることも確かですし

物理的な部品(センサー類)も劇的に増えていくのでしょうね。

SF的な未来が実現するベースになっていくと予想されるので

避けて通れない部分ですね。

 

【参考】

http://cdn.softbank.jp/corp/set/data/group/sbm/news/conference/pdf/material/20150730_01.pdf

 

【fjコンサルタンツ 公式サイトリニューアルしました】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/