こうやって使っているLINE

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 19 7月 2017 9:24 AM

LINEがつくった動画。

「JKのLINEあるある」

LINEのやりとりの状況、気持ち、感情を

端的にあらわしています。

コメントを見ると共感している人もいて

実態から離れていないことがわかります。

こうした感情を理解することは

マーケティングにはほしいところです。

 

 

 

——————————-

【3冊目の著書 】

目次をご覧になりたい方はこちらから。
  http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/activity/books/z-pdca/
「制作過程について」ブログに書いております。
  https://goo.gl/2dxJXb

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  goo.gl/HAPBVn (紀伊国屋)

  goo.gl/cDxzwM (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/V51AYZ (三省堂書店)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

著者プロフィールにつきましては

  https://goo.gl/Crenmz

読者レビューページは下記になります。

  https://goo.gl/WvKg9m

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

——————————-

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

見てるだけでは情報共有にはならない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 6 6月 2017 7:07 AM

 

「メール見ておいて」

「グループウェアで共有しておいたので」

「CCで入れておきました」

「LINEで送ってます」

などと情報共有の手段が増えました。

では、情報共有の質は向上したのでしょうか。

情報を取りに行く時間は短縮されましたが

結局のところ人が情報を集める意思は

さほど伸びていないように感じます。

ツールでは人の意思は向上しない、とも

いえるかもしれません。

経営ではツールを準備すれば情報共有が向上すると

カン違いする人も多く戸惑います。

情報共有も「共有しなければならない」という

相互意志がはたらいてはじめて成立するのです。

今日からグループウェアを導入したから

情報共有の質が向上する、ということは

ほとんどありません。

社内グループウェアをはじめて使いはじめた

20年以上前に社員が便利だと感じたのは

飲み会の連絡がスムーズにできること

でした。

結局のところ、人が求めない限り情報共有も

進まないということです。

ツールより情報共有の必要性を感じてもらう

ことの方が優先です。

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/