リーズ二ング(reasoning)が弱い

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 21 5月 2013 7:18 AM

 

reasoning という単語があります。

「推理,推論; 理論; 論法; 推理力」

という意味があります。

実際の会話では、

「リーズニングが不足している」

という形で使われていて

【確固たる理由付けをして論理展開していくこと】

という意味になります。

リーダーで、このリーズニングが弱い人が多い、

と感じています。

 そのような人の特徴としては、

「そこまで説明しなくても、もうわかってるでしょ」

という勝手な解釈が多いですね。

 そのため、説明不足の状態が継続してしまうと

「会社の方針がわかりません」

「このプロジェクトはどこに向かっているのでしょうか?」

という発言が見受けられるようになるのです。

何を説明するにしても、確固たる理由付けを

意識して、丁寧に理解を求めるべきです。

決して、手を抜いてはいけません。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/