営業1人当たりの顧客数には法則が

あります。

記憶できてフォローできる顧客数は80件

この数で売上げと利益がまかなえて

いました。

しかし、現在ではその法則も

なかなか通用しません。

これだと売上に限界が出てしまうのです。

損益分岐点に達しないことも起こります。

これを防ぐには、1人あたりのフォロー

顧客数を増やすしかしません。

最低200件はほしいところです。

400件フォローできれば毎月が安定します。

新規の顧客からの問い合わせが毎月絶えません。

これが、仕組みをつくる基礎になります。

ただ200〜400件の顧客フォローを

どうやったらできるのか。

自分の記憶では限界が生じるのでツール

使います。

記憶を補うツールの使い方を覚えます。

顧客フォローは、

1)アポイントがある

2)アポイントがない

の2つに分けられます。

アポイントがない顧客にどのタイミングで

継続的なフォローができるのか?

営業の実力になってきます。

次回、軽いフォローをするタイミングを

パソコンやスケジュール表に記述できるか、

が成功の秘訣です。

○月○日に資料を送付する、電話をする、

進捗を確認する、忘れられないように

フォローする、案件が出ていないか確認を

する、などフォロー内容があります。

これは、やってもやらなくても顧客から

指摘されることも怒られることもありません。

だからこそ、きちんとできる営業さんが

成績があがるのも根拠があるわけです。

ツールは自分の外部脳として活用する

これが結論です。