とある営業会議の会話。

競合先情報をみんなでかき集めています。

「A社の担当の■■さんが転勤なりました。

辞めました。」

「最近は、こんなやり方をしています。」

「値段もこうでしたよ。」

「あの人は、同業の△△という会社に転職した

みたいです。」

と具体的な担当者名までつかんで

情報交換をしています。

競合先の担当者の性格までつかんでいるのです。

顔写真まで貼ってある会社もあるくらいです。

どこまでやるのか。

その深さが競合対策で有益なのです。

最初からできたわけではありません。

少しずつですが、情報も深くなってきたのです。