記録として保存しておきます。

「広告費」について

推移を眺めてみると業界別に高低が

はっきりしています。

広告費の金額が大きく

広告費の減少幅が大きいのは、

・自動車、関連品

・趣味、スポーツ用品

・不動産、住宅設備

の3業界。約3割の減少になっています。

出典元:電通のニュースリリース


↓直近3年間の広告業売上げ推移です。

2008年と2010年の比較

(2008年を100として)

全体:86%

新聞:75% ↓

雑誌:61% ↓

テレビ:90%

ラジオ:79% ↓

屋外広告:83%

交通広告:77% ↓

折込・DM:90%

海外広告:78% ↓

催事企画:88%

インターネット広告:135% ↑

になります。

新聞と雑誌の広告の落ち込みが激しいです。

わかっていても、数字で見直すと実感

できます。