電力消費量で半年先の経済を

予測できていました

リーマンショック以降、ようやく

電力消費量が戻ってきていたのです。

工場の稼働率が上昇すれば

電力消費量が増加する、という

流れから予測がついたのです。

しかし、今後は電力が不足。

電力が3割減のまま夏場を迎えたら

20年前の電力水準で過ごす

ことになります。

何が削ぎ落とされるのか

冷静に予測することに

なりそうです。

ポイントは

・自分にとって必要

・社会にとって必要

の視点。

大きなショックで

「大きく、ものごとを見る」

ことになってきました。

これは、すばらしいことです。

そのため、

「社会にとって必要か」

という視点の比重が大きく

なり、これを基準に行動する

ようになっていきます。