組織がストッパーになっている

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第5章実行 | 火曜日 29 3月 2011 4:42 PM

個人の能力は組織によって

発揮される量がちがいます

だからこそ、

組織を変え、ストッパーがはずれると、

その後の人の成長はすさまじい

につきます。

組織には枠が存在しているのです。

見えない枠組み。

その枠組みが人の能力を規定して

しまっているのです。

枠をはずすのは、簡単ではありません。

しかし、

はすずことは、可能です

この枠が見えるようになると

経営の質が飛躍的に向上します

枠のはずし方

(1)できる、できないの思考をはずす

(2)可能性の追求

(3)到達できる最高地点を理解

(4)意義を確認

(5)具体的なプロセス提示

の流れになります。

この5つを押させれば、十分な

成果が出てきます。

経営の中で組織運営は優先順位を

高めて取り組む内容なのです。