amazonという会社の定点観測。

常に変化している会社。

ロゴにあるようにAからZまで

すべてを網羅するつもりです。

↓去年のAmazonが買収した企業群

この他にも新しく買収した会社も

やはりあります。

↓そして、新しいサービスとして

個人向けに音楽データのクラウドサービスを

はじめました。

米国でスタートしたサービスで日本では

展開されておりません。

日本の法律では違法と見なされるからでしょう。

際どいサービス内容です。

米国でもレコード業界から反発が出ている

ようです。

しかし、顧客が求めているところを

ついてくる戦略はAmazonの得意なところ。

新刊本と中古本を並べて販売する「ユーズド」も

サービス開始のときは敏感な反応が

ありましたが、現在ではなくてはならない

サービスになっています。

業界の反発がありながら、顧客が支持する

サービスをつくりあげる。

これこそ新規事業

まだ、Amazonという会社はベンチャー企業と

言えます。