企業にとって資産はモノだけでは

ありません。

 

人材も資産。

頭の中に入っている情報も資産。

文章も資産。

顧客も資産。

実績も資産。

 

三月に棚卸を実施された会社も多いと思いますが、

モノ以外の資産も棚卸をこの機会に取り組んで見てください。

 

有効なのは、事業ドメインを考えるときに会社の

資産が増えると、新規事業の発案につながること。

(事業ドメイン=企業が事業を展開していく領域)

新規事業は、

顧客が求めていることを他社より先駆けて打ち出していくこと。

資産と顧客の指向が重なったところに新たな事業ドメインが

存在しているのです。

 

見えているか見えていないのは関係がありません。

特定の業界が悲鳴をあげるような内容かもしれません。

新しいことには反発もあるでしょう。

 

見落としていけないのは、顧客が最終的に求めているのかどうか。

求めていながら、支払う金額以上の満足を得ているかどうか。

購入してくれるから、現状のままでいいわけではない。

支払対価以上の利益を顧客が感じていること。

しかも9割以上がそこに入っていること

 

今後の事業はこの基準にこだわらなければならない、

と感じています。

それだけ競争が激しいということ。

営業力だけ上げても一瞬しか上昇しません。

 

組織事業の力強さ。

この2本柱にこだわり抜く時代が来ました。