リーダーが部下に対して深く

関わろうとしない。

「いい人」になってしまっている。


何かをやろうとすると

「とりあえず、みんなに聞いてみます」

と合議制をとろうとするパターンです。

ゆっくり進む時代、余裕がある時は

その進捗スピードでいいですが

そうでない場合は、遅くなりすぎます。

しかも、組織の強さが損なわれる

ことも多々あります。


では、どうなればいいのか。

それは、リーダーが部下に深く関わること

誤解を恐れず、

衝突を恐れず、

顧客に提供することを考える必要が

あるのです。

「最高のものを提供する」

というテーマにして話し合えば

本音が出てきます。

そこから、組織の強さがスタート

するのです。