営業会議にて

成績がかんばしくない営業さんに対して

「活動量が少ないの?」

「やる気がないの?」

「成績の上げる手法がわからないの?」

と質問を投げかけることによって

課題を明確にしていきます。

明確化では、

1)自分で解決できるか、できないのか

を中心に意見交換をします。

客観的に見て、本人が解決できない

のであれば、会社が一体となって

解決にあたらなければなりません。

本人の中に「解」を持っているのか、

持っていないのか?

ここが重要なポイントだと考えて

います。

 

また、将来の計画に対しては

「本当にこの計画で計画が達成するの?」

「どこまで考えたの?」

「行動量だけで数字が上がるの?」

と具体的に質問することで

考えはじめ、計画を立てるようになります。

これも、解が存在しているかの

確認になります。

 

もちろん、部下を引っ張るリーダーの

中に「解」がなければはじまりません

より具体的な「解」が必要な時代です。

精神論だけでは進みません。