なぜ、分析が得意な人と

そうでない人がいるのか。

分析のコツとは何か?


コツのひとつは、「分ける作業」

ひとつの現象を見たり、聞いたり

しながら、どれだけ分けられるのか?

 

たとえば、音楽を分析するとき、

1)聞きながら、ひとつずつのパートに

分けていく

リズムセクション、

ボーカルセクション、

ベースセクション、

などに。

2)何度も聞きながら、パートずつの

役割を再確認していく。

3)ひとつずつの役割がわかれば

全体の構成がどんな意図でできているか

推測する。

4)意図が推測できれば、再構築可能。

 

こうして、ひとつの現象を見るときにも

分析は何度も何度も繰り返して、見たり、

聞いたりすることになるわけです。


同じポイントを見ているわけではなく、

どこかのパートに着目してひとつずつ

確認をしているのです。

 

【参考】

http://flowingdata.com/2011/03/03/most-typical-person-in-the-world/