大きくとらえることのコツ

さまざまな視点で見るにはどうしたらいいのか?

この質問は群を抜いて多いです。

視点を次の視点で見る訓練し習慣化します。

1)距離

遠くから、近くから

2)時間

過去、現在、将来

3)人

人の種類、年齢別、性別、地域別、性格別

の3点です。

たとえば

営業事務をしている方の場合、

見え方によって、仕事の意義がどう

変化するのか。

1:営業さんを支えている

2:営業部署を支えているいる

3:会社を支えているいる

4:顧客を支えている

5:業界を支えている

6:地域を支えている

7:日本を支えている

8:地球を支えている

と距離の視点で見ていくと仕事の意義が

徐々に変化していくのがわかります。

目の前の仕事がどこにつながっているのか

それを理解できると、仕事の動機ができ

成長につながっていくのです。