会議の参加メンバーのスケジュールの

ために、会議時間を半分でやって

みました。

 

出張で電車に乗らなければならないので

終了(エンド)の時間がどうしても

ずらせない状況でした。

 

はずせない状態では、やり切る方向を

考えだしていきます。

削ることができる時間

必要な部分を明確にしていきます。

 

報告、発表の時間を削ることができないのか

そのためには、事前に資料を読み込んで

おく必要がある、

など工夫改善がはかられます。

発言も

結論から述べる

と変化しなければならないことに

気がつきはじめます。

 

マンネリした会議を活性化するために

時間を半分にする

ことを提案します。

集中した時間は心地よいですね。