相関関係のウソ(1)

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第7章自立型経営 | 火曜日 12 4月 2011 11:23 AM

「経験を積めば仕事が上達する」

仕事経験年数と

仕事のスキル

の相関関係があります。

「経験年数とスキルは比例する」

という相関関係にあると

言われています。

 

では、これは本当か?

 

5年未満の場合は、

経験年数とスキルは比例します

因果関係があると言えます。

しかし、

5年以上になると

経験年数とスキルは必ずしも比例しません

因果関係はない、と言わざるをえない。

なぜなら、

ここ3年ほど未曾有の不景気がおそい

かかってきました。

こんなとき、突破口を開くのは

なぜか、若い社員のみ。

ベテランは総じてフリーズして何も

しない。成績もわるい。

「経験年数とスキル」に因果関係が

あるならば、不景気において

ベテランが活躍するはずである。

しかし、それを見つけるほうが

難しいくらい。

かなしいことに、それが現実。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.