将来の予測をしている記事を

ご紹介しておきます。

レオス・キャピタルワークス

取締役CIO 藤野英人氏

「震災後、何を考え、どう行動しているか」

 

これからは震災前の価値をいい意味で捨て、

震災後の価値観に変えていく企業が伸びていく。

1)『モビリティー』(移動性、可動性)

2)『保有から利用へ』

 

1)「モビリティー」について

例えば、モノやサービスでいえば、携帯電話、

クラウドサービスなどの価値がより高まってこよう。

また、西日本でも、海外でも、どんな地域でも仕事が

できたり、コミュニケーションをとれるフォーマットを

持つ企業や人の価値が高まるだろう。

 

2)「保有から利用へ」について

“ある種の軽さ”に価値を置く人が増えるのではないか。

リースの利用が増え、住宅にしても持ち家ではなく賃貸、

男女にしても結婚ではなく同棲や事実婚といった具合に。

1つの国、1つの会社に閉じ込められた生き方を否定しないが、

ここJAL、東電と名だたる企業が危機に直面し、

浦安市の高級マンションも液状化現象で価値暴落と、

こんな状況をまざまざと見せつけられれば、いろいろな

意味で生き方が変わってくるだろう

————————–

ファンドマネージャーは経営者に数多く

お会いになります。藤野氏が得た

結論は下記。

【社長から得た会社の運命】

社長の性格や人格で会社の運命は決まる。

ダメな社長

1.自分の過去の苦労話にインタビューの大半を割く。

2.人の話を聞かない。

3.質問したら怒り出す。

4.社長室が豪華。

5.著名人との親交を臭わせる、強調する。

6.株価を気にしない。

7.業績不振の理由を景気や政府のせいにする。

伸びる社長

1.自分の会社の話をすると興奮する。

2.総論を話し、各論も話す。

3.目線の高い人。

4.全体調和を意識できる高みがある。

5.Give gives giveの意味がピンとくる人。

だそうです。

【出典】