今回の東日本大震災で半導体業界に

大きな影響が出ていたことは聞いていました。

なぜ、影響が大きいのか?

東北エリアに半導体関係の工場が多かった、

計画停電の影響で製造できなくなった、

などの理由があげられます。

世界の半導体業界における日本のシェアは

実際には大きいことがわかりました。

↓ 半導体をつくる製造装置にといては、

日本のシェアは37%。

個別の装置で見ると50%以上のシェアが

10分野にも及んでいます。

↓ 材料を見ると、66%以上のシェアを

日本が占めています。

個別に見ますと、50%以上のシェアの材料が

14種類にも及ぶのです。

こうして半導体を支えてきた装置、材料の

メーカーが数多く今回被災しているため

世界全体の半導体が停滞している状況

なのです。

最先端のデジタル機器に日本が関わる

技術力、品質がここに存在していたことが

今回あらためてわかったことになります。

 

【出典】

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5737?page=2

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5737?page=3