ルート営業などで担当者を変更したとき

どの頻度で顧客に訪問するのか。

 

心理学的に根拠があることですが


1)訪問間隔は3週間以内

2)訪問回数は短期間に6回以上

することです。


人は、記憶に残っているのが3週間。

それ以降は忘却していきます。

つまり、「過去のこと」として収納

されてしまうのです。

 

回数については、6回〜7回以上になると

「たくさん」、「数多く」

という認識に変化するのです。

顧客は、営業に対して

「よくやってくれている」

という評価に変わる瞬間です。


それまでは、数えることができる範囲なので

「多くはない」

という認識になるわけです。

顧客から見れば「まだまだ」という認識。

 

このように、顧客の心理や受け取り方を

理解した上で行動や計画を立てて行くことが

営業活動には優先される事項なのです。