企業に必要な人材のひとつに

写真撮影が上手な人

があります。

とくに、ウエブサイトの時代に
写真は不可欠。

芸術の写真ではなく、
わかりやすく、印象がいい、
写真が必要とされます、

あくまでも写真も文章と同じで
伝える道具にすぎません。

一枚の写真で顧客に何を伝えて
いくのかが問われるのです。

顧客事例の写真で
顧客しか写っていない写真と
顧客と営業さんが一緒に
写っているのでは大きな差が
あるのです。

商品の写真も同じ。
商品のみの写真と
実際に顧客が使っているところ
写真では、伝わる情報量がちがう
のです。

商品の概要が伝わっているのか、
商品の使いやすさが伝わるのか、
他社の商品との差が伝わるのか、
会社の姿勢が伝わるのか、
フォローの良さが伝わるのか、
温かさが伝わるのか、
楽しさが伝わるのか、
元気良さが伝わるのか、
落ち着きさが伝わるのか、
きめ細かさが伝わるのか、

というように理解の段階が
細かに別れているのです。

表現するこちら側がその
細かさをわかっているのか、
そこがレベルの違い。

写真ひとつとって見ても
大きな違いが明らかにあるのです。