人が空を飛ぶを実現した

「人が空を飛ぶ」を実現したRossy氏。

本職はエアバスを操縦するパイロット。

模型用のジェットエンジン4基を積んで

時速200〜300キロメートルで飛行します。

本職のパイロットだからこそ、空、風、を

読んで飛ぶことができるのでしょう。

小型軽量飛行機の分野は事故が多い。

やはり空を制するには、知識と経験が必要。

簡単そうに見えて実はそうではない分野だと

思います。

小型ジェットエンジンとは

小型ジェットエンジンについて。

ラジコン飛行機などに用いられる小型ジェットエンジン。

値段は、1つが30万円以上する高価なもの。

手のひらサイズから実は販売されています。

小型であっても構造は実機と同じ。

1990年代後半から模型用ジェットエンジンの

開発が進んだそうです。

このfusion manの実現もエンジンの性能向上が

カギを握っていたと思われます。

【動画】

http://www.youtube.com/watch?v=ip2NL4nPOLg

【wikipedia】

【site】

http://www.jetman.com/